ミュゼ博多

小顔に憧れてダイエットをする人は少なくありません。けれど、一般的なダイエットでは顔の脂肪がなかなか減らず、途方にくれているという人は少ないようです。何かいい方法はないでしょうか。小顔を目指す小顔ダイエットは、顔を小さくしたい人に向いたやり方です。小顔ダイエットというのは、ダイエットという名前ですが、食べ物はほとんど関係ありません。マッサージやトレーニングで表情筋を刺激することで、小顔効果が期待できるといいます。表情筋の筋力の減退のほか、むくみや脂肪が顔を大きくしてしまっているようです。むくみが出るのは、水分やリンパなど顔で流れている液体が溜まってしまっているためです。体脂肪量が多い場合、顔にも脂肪が蓄積されます。表情筋は、使わないと緩みます。そのため、表情をほとんど変えない人や、笑わないように気をつけている人などは、顔全体の筋力低下を招きます。ダイエットで小顔にするためにも、顔が大きく見える理由はむくみか、脂肪か、骨格か、筋肉かなどをきちんと調べ、適切な対応をすることが重要です。自分の顔のタイプの見極めるには次の例が参考になります。朝起きた時にまぶたや顔全体がはれぼったいという人は、むくみが原因になります。顔に皮下脂肪が多いという場合は、あごの辺りがゴリッとしていたり、顔がぱんぱんになっています。表情筋が弱っている場合、頬の皮が垂れ気味がったり、ほうれい線がはっきりと見えていることが少なくないといいます。どんな方法が自分に合う小顔ダイエットかを見極めることがポイントです。

 

博多のミュゼ情報はこ・ち・ら